債務整理者の統計データ

「借金の返済が苦しいけど、弁護士に相談するほど大げさにしたくない」そうお考えのあなた、ただ考えているだけでは何も解決しません。

借金に悩む人達の負担を減らし、苦しみから救うための手続きである債務整理ですが、一体どんな人がどんな状態で債務整理をしているのかご存知でしょうか?

ここでは裁判所司法統計と日本弁護士連合会の調査をもとに、すでに債務整理をした方の統計データを紹介します。

1.債務整理をした人の数

現在、日本には1~2,000万人が借金をしていると言われています。その中には病気やケガ、リストラなど様々なやむ終えない事情で借金苦になり債務整理をする人がいます。

2014年債務整理件数裁判所司法統計より
  • 自己破産 66,838人
  • 個人再生 7,937人
  • 任意整理 300~500万人? 

任意整理は裁判所を通さない手続きになるため正確な数字は不明ですが、債務整理の中で最も手軽でデメリットが少ないという点から300~500万人程度の件数があると言われています。

では、実際に債務整理をしたのは、いったいどんな人達だったのでしょうか?

2.債務整理者統計データの概要

まず始めに、これから紹介する内容は日本弁護士連合会の2014年調査に基づく「個人再生」と「自己破産」に関するデータであることを先にお伝えします。

こちらの統計も裁判所司法統計と同じ理由で「任意整理」と「過払い金返還請求」のデータが含まれていません。しかし、このデータを解析することで、あなたの借金問題を解決する手助けとなるでしょう。

3.債務整理をした人の状況から学ぶ

3-1.借金はいくらあったのか?

債務整理をした人がどれだけの借金を背負っていたのかがこのデータからわかります。注目してほしいのは基本的に借金の大きさは関係ないという点です。

これは「借金がいくらだから債務整理する」ではなく、金額の大小に関わらず誰しもが借金に苦しんだ結果、債務整理に踏み切ったということです。

債務整理者の総借金額 個人再生 自己破産
100万円未満 0.99% 6.61%
100~199万円 1.98% 14.60%
200~299万円 6.64% 11.53%
300~399万円 8.33% 9.19%
400~499万円 6.92% 6.29%
500~599万円 7.06% 3.31%
600~699万円 5.65% 3.55%
700~1,000万円 10.45% 6.37%
1,000~5,000万円 48.74% 29.60%
5,000~9,999万円 2.12% 4.27%
1億万円以上 0.28% 4.35%
不明 0.85% 0.32%

3-2.何社から借り入れしていたのか?

そして債務整理者は平均6.8~7.5社から多重債務しています。返済が苦しくなり、他から借りる。また苦しくなり、他から借りるを繰り返し、借金にのめり込む負の流れになってしまっていたのでしょう。

2014年債務整理者の貸金業者数
  • 個人再生をした人は平均6.8社から借り入れ
  • 自己破産をした人は平均7.5社から借り入れ

3-3.借金をした理由・原因

債務整理者の借金をした理由・原因の第一位は「生活苦・低所得」です。2014年厚生労働省の国民生活基礎調査より、62.4%の世帯が「生活が苦しい」と答えています。

そんな厳しい生活状況でなんとか生き抜くための借金だったことがわかります。債務整理とはまさしくそのような方のための救済措置です。

個人再生 自己破産
  1. 生活苦・低所得 35.73%
  2. 住宅購入 26.98%
  3. 浪費・遊興費 16.53%
  4. 給料の減少 15.96%
  5. 事業資金 14.12%
  6. 負債の返済 13.70%
  7. 生活用品の購入 12.70%
  8. 病気・医療費 12.15%
  9. 失業・転職 11.02%
  10. ギャンブル 11.02%
  11. 保証債務 10.31%
  12. 教育資金 9.04%
  13. クレジットカード 6.07%
  14. 借金の肩代わり 3.95%
  15. 投資 3.39%
  16. 冠婚葬祭 0.85%
  17. 名義貸し 0.56%
  18. その他 15.54%
  1. 生活苦・低所得 60.24%
  2. 保証債務 22.42%
  3. 事業資金 21.37%
  4. 病気・医療費 20.73%
  5. 失業・転職 19.84%
  6. 負債の返済 17.18%
  7. 住宅購入 16.05%
  8. 給料の減少 13.47%
  9. 生活用品の購入 11.21%
  10. 教育資金 7.82%
  11. クレジットカード 6.61%
  12. 浪費・遊興費 5.97%
  13. 借金の肩代わり 4.76%
  14. ギャンブル 3.87%
  15. 名義貸し 2.10%
  16. 冠婚葬祭 1.61%
  17. 投資 1.21%
  18. その他 13.47%

3-4.初めての借金から債務整理するまでの期間

債務整理した人が初めて借金をした日からどれだけの期間を経て債務整理をしたのかがわかります。結果は5年以上が圧倒的に多く、長い間借金を繰り返し、膨大な利息に圧迫され、返済が難しくなったのでしょう。

借金から債務整理までの期間 個人再生 自己破産
1年未満 0.42% 0.81%
1~2年未満 1.55% 1.53%
2~3年未満 3.25% 2.02%
3~4年未満 2.26% 2.10%
4~5年未満 4.10% 5.48%
5年以上 87.99% 86.77%
不明 0.42% 1.29%

3-5.債務整理者の年齢

債務整理者の年齢は、「30歳代」の家庭を持ち始める年代から子育てを終える「50歳代」が若干多く感じられます。これは借金理由の第一位の「生活苦・低所得」と因果関係がありそうです。

債務整理者の年代 個人再生 自己破産
20歳代 6.64% 6.37%
30歳代 23.73% 18.15%
40歳代 34.32% 27.02%
50歳代 25.56% 21.05%
60歳代 8.33% 18.71%
70歳以上 1.41% 8.63%
不明 0.00% 0.08%

3-6.債務整理者の性別

債務整理者の性別は、個人再生は住宅ローン特約の関係で男性の割合が多いのでしょう。自己破産に至っては男女の差はほぼ無いと考えます。

性別 個人再生 自己破産
男性 79.94% 57.74%
女性 19.92% 42.26%
不明 0.14% 0.00%

3-7.債務整理者の収入

債務整理した人の収入です。「月収5万円」でも「30万円以上」でも基本的に債務整理に収入は関係ないのです。する、しないは、あなた次第で状況により何が最善が見極めることです。

月収 個人再生 自己破産
5万円未満 0.99% 20.24%
5~10万円未満 3.95% 16.61%
10~15万円未満 9.32% 23.63%
15~20万円未満 18.36% 17.26%
20~25万円未満 20.90% 8.55%
25~30万円未満 15.96% 6.05%
30万円以上 27.12% 6.05%
不明 3.39% 1.13%

3-8.債務整理者の職業

債務整理者の職業になります。定額収入が必要な個人再生は「主婦・内職」「生活保護受給者」は0%ですが、この結果も「収入」と同様に「この職業だから…」というものはありません。

職業 個人再生 自己破産
正社員 73.73% 27.34%
正社員以外 11.72% 26.69%
自営業 12.01% 5.16%
主婦・内職 0.00% 1.13%
年金生活者 1.84% 7.26%
生活保護受給者 0.00% 11.13%
無職 0.14% 20.00%
その他・不明 0.56% 1.29%

4.まとめ

  • 年間数百万人が債務整理をしている
  • 生活苦で5年以上借金を繰り返し、平均7社の多重債務
  • 債務整理に借金額、年齢、性別、収入、職業は関係ない

以上のデータは債務整理をして成功した人の実際のデータです。