ブラックリストイメージ債務整理を考えるあなたは、債務整理をすると「いつから、どれだけの期間ブラックリストの載るのか?」「信用情報はいつ回復するのか?」が大きな不安のひとつでしょう。この件に関しては他のサイトで非常に多くの間違えを目にします。重要な事なのでしっかりと理解しましょう。

先に結論を述べます。

  • 任意整理:和解成立日から5年間登録
  • 個人再生:認可決定から5~10年間登録
  • 自己破産:免責確定から5~10年間登録

上記は、信用情報(ブラックリスト)を管理している信用情報機関のホームページに記載されていて、誰でも閲覧できます。間違った情報に惑わされず、正しい知識を身につけることで今後のあなたの人生設計を考えることができます。

1.信用情報とは(個人信用情報機関とは)

信用情報とは、主に

  • クレジットカードの作成
  • ローンやキャッシングの申し込み
  • クレジットカードやローンの支払い
  • 支払いの遅延、延滞

などの貸金業者や金融機関との取引履歴をいいます。そして、信用情報を管理・登録しているのが個人信用情報機関です。

なぜそんなことをしているのかというと、例えば金融機関に「お金を貸してほしい」と言っても、知らない人にお金を貸してくれる訳がありません。そこで、お金を貸しても大丈夫な相手かどうか、信用情報で判断するのです。※このことを審査に通る、審査に落ちたなどといいます。

債務整理をしたことも信用情報に登録されます。そのため、債務整理の記録が登録されている期間は借り入れなどできません。※このことをブラックリストに載るといいます。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

2.個人信用情報機関の種類

信用情報の管理・登録する信用情報機関は「JICC」「CIC」「JBA」の3つがあり、その違いはそれぞれの信用情報機関の会員の違いになります。※ここから少しややこしくなりますが、ゆっくりと理解を深めましょう。

信用情報機関一覧 主な会員
株式会社日本信用情報機構
(JICC)

消費者金融(サラ金)、信販会社系
JICC会員一覧

貸金業法指定信用情報機関
(CIC)
クレジットカード会社系、信販会社系
CIC会員一覧
全国銀行個人信用情報センター
(JBA)
銀行系、信金系
JBA会員一覧

例えば消費者金融のアコムは、JICCとCICの会員です。アコムで借り入れをする場合、JICCとCICの信用情報を確認しお金を貸しても大丈夫な相手だと判断されれば審査が通ります。

また、3つの信用情報機関は情報を共有しているので、アコムの借金を自己破産した情報でもJBAにも登録されます。

3.信用情報機関のブラック情報が回復するまでの期間

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。各信用情報機関に登録されるブラック情報の登録期間は以下になります。この期間が経過するとブラック情報は削除され、信用情報は回復します。

機関 任意整理 個人再生 自己破産
JICC 5年 5年 5年
CIC 登録なし 登録なし 5年
JBA 登録なし 10年 10年

注意したい点は上の表をみてのとおり、各信用情報機関によって登録される内容と回復するまでの期間が違うということです。

  • 任意整理のブラック期間:5年間
  • 個人再生のブラック期間:5~10年間
  • 自己破産のブラック期間:5~10年間

もし自己破産した場合、何かと厳しい銀行系(JBA)は最低10年間借り入れはできないでしょう。しかし、消費者金融系(JICC)であれば5年後に可能性はあります。

また、これはあくまで「信用情報にブラック情報が登録される期間」です。間違いやすい点が、この期間中は絶対に借り入れやクレジットカード作成ができないということではありません。

つまり極端な話ですが、ブラック期間が4年10ヶ月経過し「あと2ヶ月で信用情報が回復するなら、お金を貸してもいいかな」と、お金を貸す側がOKと判断すれば借り入れできます。

しかし、現実的には残り1日で信用情報が回復するとしてもブラック情報がある時点でお金を貸してくれる貸金業者はないのが現状です。そのため、「ブラックでも融資OK」とうたう貸金業者は100%闇金業者と考えてください。

重要:「審査なし、ブラックOK」「誰でも即日融資可能」これは闇金業者の可能性大です。

4.債務整理したら信用情報にいつ登録される?

では、債務整理の信用情報はいつから、いつまで登録されるのでしょうか?この答えは、非常に多くのサイトが間違えた情報を公開しているので注意しましょう。

  • 任意整理:和解成立日から5年間登録
  • 個人再生:認可決定から5~10年間登録
  • 自己破産:免責確定から5~10年間登録

これが正解です。

4-1.任意整理で信用情報に登録される日

JICCのホームページには「当該事実の発生日に登録」とあります。つまり、任意整理の和解が成立した日になります。

間違え×完済日から○年間

4-2.個人再生で信用情報に登録される日

JICCのホームページには「当該事実の発生日に登録」、JBAのホームページには「官報に公告されてから」とあります。つまり、個人再生が裁判所から認められた日(認可決定日)になります。

間違え×完済日から○年間、×○○から7~10年間

4-3.自己破産で信用情報に登録される日

JICCとCICのホームページには「免責確定日」、JBAのホームページには「官報に公告されてから」とあります。つまり、自己破産が裁判所に認められた日(免責確定日)になります。

間違え×○○から7~10年間

5.債務整理後の延滞・滞納で信用情報回復は遅れる

債務整理の方法の中で、任意整理と個人再生は将来利息のカットや借金減額されるものの債務整理後に返済の必要があります。

もし任意整理後の返済で延滞や滞納してしまった場合、その時点で遅延や滞納の信用情報に上書きされます。そして、ブラック情報は上書きされた日から5年間登録されます。

遅延や延滞してしまうと、いつまでたってもブラック情報が更新されてしまい信用情報回復は遅れます。

重要:「ブラック情報削除します」「ブラック情報を消す方法」これは詐欺です。そんなことは不可能です。絶対に引っかからないようにしてください。

また、債務整理をしていないのに審査が通らないというときは、あなたの信用情報になんらかのネガティブ情報が登録されていると考えられます。

例えば、クレジットカードやローンの新規申し込みをするだけでも信用情報機関に「申込情報」として登録されます。この申込情報事態は悪い情報ではありません。

しかし、1ヶ月の間に5枚も6枚もクレジットカードの審査を受ける人だったら信用できるでしょうか?普通に考えれば「何か裏があるのでは…怪しいな」「借りれるだけ借りて逃げるのでは…」を思ってしまいます。

信用情報は客観的な取引事実であって、「こんなことがあった」というただの履歴です。この履歴を参考に金融機関がお金を貸すかどうかを判断しています。そのため、「1ヶ月で5回以上申し込むと審査に落ちる」とは一概に言えず、判断基準は各金融機関によって異なるのです。

6.自分の信用情報が回復したか確認するには

これまで解説してきた信用情報ですが「自分の信用情報は回復した?」と気になる方もたくさんいるでしょう。信用情報機関では自分の信用情報であれば照会することができます。そして、情報を開示したことは信用情報に登録されることはありません

情報開示の唯一のデメリットは、手数料と郵送料金が3,000円程度かかることです。

7.まとめ

クドイですが、もう一度

  • 任意整理:和解成立日から5年間登録
  • 個人再生:認可決定から5~10年間登録
  • 自己破産:免責確定から5~10年間登録

あなたは借金や債務整理に対し、大きな恐怖や不安を感じているでしょう。それを解消するには、正しい知識を身につけ、正しい弁護士へ依頼することだけです。